ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ジューダス・プリーストのロブ、またもやファンに大感謝

1/30(火) 13:07配信

BARKS

いつもファンに対して感謝の言葉を口にしているジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードが、夢を体現できているのは彼らのおかげだと、あらためてファンに感謝した。

◆ロブ・ハルフォード画像

『The Rockside Chronicles With Shawn Sixx』のインタビューで、「いまでも夢の中で生きているような気がするか?」と問われたハルフォードは、こう答えた。「ああ、その通りだ。50年近いプリーストのこの旅は輝かしいとしか言いようがない。ジューダス・プリーストは1969年に誕生したわけだが、信じられないよ。朝目覚め、“ワオ、このバンドはいまだ素晴らしいレコード、素晴らしい曲を作ることができ、どでかい世界ツアーを始めるとこで、文字通り俺らに命を与えてくれた輝かしいファンにまた会える”って考えることができるなんて。俺は絶対、絶対にファンについて言及するのを止めない。ファンがいなかったら、何もできてない。ああ、夢の中を生きてる、素晴らしい言い方だ。そして、その夢はまだ続く」

また、若いバンドに向け、こうアドバイスした。「俺はプリーストがこんなに長く続くとは思っていなかった。運が良かった。しかし、多くのことは努力と勤勉、献身の結果でもある。もしバンドにいるなら…、“いまから10年後何してるんだろう?”とか考えたって、そんなこと誰にもわからない。だから、自分らが作っている音楽でいまこの瞬間を最大限に楽しみ、次に何が起きるか見てみろ。なぜなら、全てはファンがコントロールしているからだ。ファンは、君が思ってもみなかったところに君を連れて行ってくれる。そこにはたくさんの奇跡がある。ただ、それは努力……、血と汗、涙に基づいている」

ジューダス・プリーストは3月初めに、約4年ぶりとなる新作『Firepower』をリリース。世界ツアーに乗り出す。日本盤は世界最速、3月7日にリリースされる。

Ako Suzuki

最終更新:1/30(火) 13:07
BARKS