ここから本文です

レアル・マドリー、移籍市場最終日も補強に動かず...マジョラルら控え組は残留へ

1/30(火) 22:09配信

GOAL

レアル・マドリーに、今冬の移籍市場で補強する考えはなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。

スペインでは、1月31日に冬の市場が閉鎖する。今季コパ・デル・レイでの敗退が決まり、リーガエスパニョーラにおいても優勝が厳しい状況となっているマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督は補強を敢行せずに最後の数日を過ごす意向だとされる。

クラブ首脳陣はコパ敗退決定後、ジダン監督に補強を勧めたという。しかし、フランス人指揮官が現所属メンバーへの信頼を強調したことで、獲得選手はゼロに。加入が噂されたアスレティック・ビルバオGKケパ・アリサバラガもビルバオ残留が決まっている。

一方、MFダニ・セバジョス、マルコス・ジョレンテ、FWボルハ・マジョラルら出場機会の少ない選手たちに対しては、レンタル獲得のオファーが届いていた。だがジダン監督は全員の力が必要だと訴え、彼らも残留する見込みだ。

最終更新:1/30(火) 22:09
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1

海外サッカー 日本人選手出場試合