ここから本文です

ブラックストーン、トムソン・ロイターF&R部門の過半数株取得

1/31(水) 8:41配信

ロイター

[ロンドン/ニューヨーク 30日 ロイター] - 米プライベート・エクイティ(PE)会社ブラックストーン<BX.N>は30日、トムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>のファイナンシャル&リスク(F&R)部門の過半数株式取得で合意した。両社が発表した。

ブラックストーンが手掛ける買収案件としては金融危機後で最大で、金融情報サービス事業に本格参入する。同社のスティーブ・シュワルツマン共同創業者兼最高経営責任者(CEO)と、金融情報サービス最大手ブルームバーグのマイケル・ブルームバーグCEOという2人の著名資産家が、業界の覇権を巡り攻防を繰り広げることになる。

発表文によると、ブラックストーンは新たに分離されたF&R事業の株式55%を取得し、トムソン・ロイターは45%を維持する。トムソン・ロイターは現金30億ドルと分離後の同事業が発行する債券・優先株の計140億ドルを含む約170億ドルを受け取る見通し。

カナダ年金基金投資委員会(CPPIB)とシンガポール政府投資公社(GIC)もブラックストーンとともに出資する方針だが、保有率は明らかになっていない。

新たなパートナーシップ下では、ブラックストーン任命の5人とトムソン・ロイター任命の4人を含む10人で構成する取締役会が経営を担う。株式取得手続きの完了後、社長兼CEOが議決権のない取締役に就任するが、誰になるかは明かされていない。

事情に詳しい2人の関係筋によると、F&R部門の株式売却に向けた協議は昨夏に始まった。最大の争点となったのが、国際的なニュースサービス「ロイター」の扱い。ロイターは主力商品「Eikon(アイコン)」を通してニュースや分析を提供している。

トムソン・ロイターの発表文によると、同社の報道部門の独立性を監視してきたトムソン・ロイター・ファウンダーズ・シェアは、同部門の行動規範であるトラスト・プリンシプルズ(信頼の原則)に変更が加わることに同意した。1人の関係筋は、「独立性」や「偏見の排除」、「信頼できるニュース」の提供というコミットメントは変わらないと述べた。

ロイター・ニュースは、法務・税務・会計の各部門とともに、トムソン・ロイターの傘下にとどまる。

F&R事業はロイターからニュース配信を受けるため、年間3億2500万ドル以上を支払う見通し。

トムソン・ロイターは株式売却手続きが2018年下期に終了するとの見通しを示した。

同社は、今回受け取る170億ドルのうち、90億─110億ドル程度を公開買い付けによる自社株買いに充てるとした。また、債務の返済や法務・税務・会計事業の投資にも活用する。

カナダのトムソン一族の持ち株会社でトムソン・ロイターの主要株主であるウッドブリッジは買い付けに応じる見通し。ウッドブリッジはトムソン・ロイター株の50─60%は維持する方針。

*内容を追加しました。

最終更新:2/13(火) 15:42
ロイター