ここから本文です

伝説の投手・伊藤智仁が語る「ゴルフ」と「野球」と「松山英樹」

1/31(水) 11:26配信

みんなのゴルフダイジェスト

プロ野球・ヤクルトスワローズで投手として活躍し、そのスライダーの切れ味は「プロ野球史上最高」とも評される伊藤智仁さん。ゴルフにどっぷりハマっているという伝説の投手に、ゴルフと野球についてじっくり語ってもらった。

ゴルフ歴は6年ベストスコアは72!

ーーゴルフを始めたのは?

引退後、40歳を過ぎてから。若いころは朝は早いし、帰りは遅くなるし、難しいし……と敬遠していたんです。この先野球界にずっといられるかわからないし、ゴルフは人脈もできるだろうからと勧められて始めたところ、どっぷりハマっちゃった感じですね。ですから、ゴルフ歴はまだ5、6年。ベストスコアは72です。ロングパットが入ったり、アプローチでチップインしたりしないとそのスコアは出ないですけどね。

ーーそれはすごい! プロ野球選手では、誰が上手でしょうか。

ヤクルトで言うと、古田(敦也)、高津(臣吾)、石井(一久)、宮本(慎也)ですね。彼らは現役時代からやってましたから、ゴルフ歴が長いんですよ。引退した後に一度球団から外に出られているので、ラウンドする機会が増えるんですよね。僕は引退してから昨年までヤクルトでコーチをさせてもらっていたので、シーズンが始まるとなかなかラウンドに行ける機会がないんです。

ーーよく「ピッチャーはバッターよりゴルフが上手くなりやすい」などと言いますが、投手と打者で、上達のスピードは違いますか?

バッティングとゴルフのスウィングって、似ているようであまり似ていないのかな。そういう意味では変なクセがないのがピッチャーでしょうね。だからピッチャーのほうが上手だと言われるのかもしれません。

バッターは何千、何万回とバットを振っているので、(野球のスウィングの動きが)体に染みついてるんですよね。もちろんそれでも野手でも上手い人は上手いですよね。原(辰徳)さんとかね。他球団だけど、力みのないいいスウィングされてますよね。元中日の和田一浩君も上手いです。

1/3ページ