ここから本文です

「機能性表示食品」1200品突破 「サプリ」増加傾向に

1/31(水) 22:43配信

健康産業速報

 機能性表示食品の受理数が1200品を突破した。

 1月31日時点での総数は1205品。剤型別では「その他加工食品」が52.4%で過半数となっている。ご飯や食パン、缶詰、牛丼の具、ヨーグルト、チョコレート、飴など多様な食品が機能性表示食品として誕生した。

 一方で2018年度だけでみると、剤型別受理数は「サプリメント」が53.2%。「サプリ」の受理が増加傾向にある。

健康産業速報

最終更新:1/31(水) 22:43
健康産業速報