ここから本文です

サバカツで受験にカツ! 滑川の中学校で応援給食

1/31(水) 14:19配信

北日本新聞

 受験に挑む生徒を激励しようと、滑川市の2中学校で31日、「合格応援メニュー」と題した給食が振る舞われた。早月中(同市中野島)では、石川忠志副市長が「サバカツサンド」のサバカツを生徒のパンに入れ、「頑張るんだよ」などとエールを送った。

 2月1日の私立高校や3月上旬の県立高校の入試に向け、市教委と市学校給食共同調理場が企画。市内の7小学校や4幼稚園でも提供された。

 縁起が良く、脳の活性化や疲労回復に効果的な食材を使った。サバカツサンドには滑川産ダイズ粉パンを使い、「青魚の代表・サバで大事(ダイズ)な受験に勝つ(カツ)!」という願いを込めた。

 免疫力を高めるアリシンを含む滑川産ネギなどのチャウダー「受かっちゃウダー」や、ヒヨコマメ(別名ガルバンゾ)の「ガンバルゾー・サラダ」、「いい予感(イヨカン)タルト」なども並んだ。

 早月中では3年2組の生徒36人が石川副市長らと会食。吉森空新(そあら)さんが「支えてくれた皆さんに合格という恩返しをしたい」と決意を述べた。

北日本新聞社

最終更新:2/14(水) 9:28
北日本新聞