ここから本文です

前場の日経平均は大幅反発、続落の反動や月初高アノマリーも

2/1(木) 11:46配信

ロイター

[東京 1日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比295円28銭高の2万3393円57銭となり、7日ぶりの大幅反発となった。前日までの続落の反動に加え、月初高のアノマリーも意識され、じりじりと水準を切り上げた。為替も1ドル109円前半で円安方向に振れて、株価の支援材料となった。

TOPIXは1.39%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆7645億円。セクター別では銀行が上昇率トップ。石油・石炭製品、非鉄金属、鉄鋼も上げが目立った。東証33業種のうち、下落したのは海運のみだった。

もっとも、日本株の持ち直し基調について、その持続力には懐疑的な見方も根強い。焦点となるのは、引き続き米長期金利と米株価の動向と見られている。市場では「米雇用統計で賃金が強ければ金利が上がり、株価にネガティブな影響が出るリスクがある。今週中は安心できない」(水戸証券のチーフファンドマネージャー、酒井一氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり1732銘柄に対し、値下がりが285銘柄、変わら ずが45銘柄だった。 

最終更新:2/13(火) 21:36
ロイター