ここから本文です

台湾中銀の次期総裁、楊副総裁が就任へ=関係筋

2/1(木) 13:51配信

ロイター

[台北 27日 ロイター] - 台湾中央銀行で20年にわたり総裁を務めてきた彭淮南氏が来月退任するのに伴い、後任に副総裁の楊金龍氏が就任する見通し。事情に詳しい関係筋が27日明らかにした。

彭総裁は退任後に顧問に就くという。楊氏の新総裁就任は総統府による承認が必要となる。

中銀と総統府からはコメントが得られていない。

楊氏は64歳で、英バーミンガム大学で経済学の博士号を取得。中銀ロンドン代表部の責任者を経て、副総裁に就任した。

最終更新:2/13(火) 21:34
ロイター