ここから本文です

「クロマグロ捕り過ぎ」北海道に批判噴出 漁自粛要請に他地域関係者

2/1(木) 10:39配信

北海道新聞

「捕り得となるのは困る」

 水産庁は31日、太平洋クロマグロ小型魚(30キロ未満)の沿岸漁業について全国に操業自粛要請を出したことに伴い、東京都内で説明会を開いた。出席した漁業関係者からは、大量漁獲により操業自粛の主因となった北海道に対して「混獲回避の工夫が足りないのではないか」など厳しい意見が相次いだ。

【動画】スケソウダラ天日干し うま味凝縮 斜里

 北海道の今期(昨年7月~今年6月)の定置網による漁獲量は、上限57・3トンに対して約600トンと大幅に超過。函館・南茅部地区で短期間に大量漁獲があったことが要因だ。その後、岩手県や高知県なども超過したほか、枠を超えていない県の漁獲も積み上がり、国内の漁獲量は国際合意に基づく上限の93%に達したため、水産庁は1月23日に全国に操業自粛を要請。北海道の取り過ぎが全国での操業自粛を招いた形だ。

 全国から約100人が出席した説明会の席上で、南かやべ漁協の役員は大量漁獲について「おわびする」と述べた。これに対し、青森県などの漁業者から「捕り得となるのは困る」といった批判が出た。同漁協は業界団体に迷惑料を支払う方向で検討している。

北海道新聞

最終更新:2/1(木) 10:39
北海道新聞