ここから本文です

QWERTYキーボード搭載で世界最薄 Windows Mobileスマホ「IS02」(懐かしのケータイ)

2/3(土) 10:05配信

ITmedia Mobile

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の東芝(現・富士通モバイルコミュニケーションズ)製スマートフォン「IS02」です。

【QWERTYキーボード】

 IS02は、QWERTYキーボード搭載のスライド型スマホで世界最薄として登場した製品で、世界で初めて「緊急地震速報」の受信に対応したスマホでした。

 auとしては2機種目のWindows Mobile搭載端末で、「Windows Mobile 6.5.3」を搭載した初のモデルでした。4.1インチの有機ELディスプレイには、Windows Mobile 6.5.3から対応になった静電式タッチパネルを採用していて、それまでのスタイラスを使った操作から、指先でも快適に操作できるようになりました。

 また、指先での操作に最適化された東芝独自のUI「NX!UI」を搭載。iPhoneやAndroidに近い画面表示にすることで、それまでのWindows Mobileスマホでは「使いにくい」と言われていた部分が解消されていました。

 メール機能としては、PCメールのほかにCメールに対応していましたが、EZメール(~@ezweb.ne.jp)には対応していませんでした。Cメールも、発売当初は受信のみ対応で、2010年10月のソフトウェア更新で送信にも対応しました。

(機材協力:携帯市場)

「IS02」の主な仕様

・発売日:2010年6月24日
・キャリア:au
・メーカー:東芝モバイルコミュニケーション
・サイズ:約66(幅)×123(高さ)×12.9(奥行き)mm
・重量:約158g
・メインディスプレイ:4.1型(480×800ピクセル)有機EL 26万色
・アウトカメラ:有効約322万画素CMOS
・ボディーカラー:ブラック×ホワイト

最終更新:2/3(土) 10:05
ITmedia Mobile