ここから本文です

ジャニーズネット写真解禁で、クソコラが心配?

2/4(日) 22:11配信

リアルライブ

 ジャニーズ事務所が所属タレントの写真をインターネットニュースサイトへ解禁し、話題となっている。同事務所はタレントの肖像権管理に厳しいことで知られ、雑誌の表紙に登場していても、インターネット上に書影が掲載される場合は、マスキング処理がなされていた。だが、今回の解禁はイベント登壇時などの報道的な意味合いを持つ写真に限られ、雑誌の表紙写真などの制限は今後も継続すると見られる。

「昨年9月に元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がジャニーズ事務所を退所し、11月放送のインターネット番組『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)で、Twitter、アメーバブログ、YouTubeのアカウントを取得し話題となりました。何を当たり前のことと思うかもしれませんが、現在に至るまでジャニーズ事務所はタレントのオフィシャルなSNS活動を認めていません。それだけネット対応が遅れた事務所であったといえるので、今回のネット写真解禁は快挙といえるでしょう」(業界関係者)

ただ、ジャニーズ写真のネット解禁で懸念されるのが、「クソコラ」のまん延であろう。

「クソコラとはクソとコラージュをかけあわせた造語であり、ニュースなどが起こるたびに大量に造られています。2015年1月には、ISILによる日本人拘束事件が起こり、武装集団がネットで公開した動画を、クソコラに加工する動きがネット上で見られました。海外のメディアでも取り上げられ話題となりましたが、不謹慎という声も相次ぎました」(前出・同)

「何でもあり」のネット空間に流出するジャニーズタレント写真がどう扱われるかは気になるところだ。

最終更新:2/4(日) 22:11
リアルライブ