ここから本文です

松坂加入で活況に沸く中日の沖縄キャンプ 新助っ人たちも面白い

2/4(日) 8:54配信

Full-Count

メジャー通算51勝の右腕ジーら4選手が加わった

 2月1日に一斉にキャンプがスタートしたプロ野球界。沖縄、宮崎、アメリカのアリゾナ州とそれぞれの地で、12球団がシーズンに向けて動き出した。その中でも、1、2を争う注目度を集めているのが、沖縄・北谷公園野球場。中日ドラゴンズのキャンプ地だ。

【画像】やっぱりすごい"松坂効果"…サイン会には長蛇の列

 その注目の的となっているのは、もちろん松坂大輔投手である。ソフトバンクを退団し、テストを経て入団した平成の怪物の一挙手一投足にメディアも、ファンも熱い視線を送り、松坂が動けば、人が動く状況となっている。初日は2000人、2日目は3000人、初の土曜日となった3日目は曇り空、冷たい風が吹く寒さの中となったが、5000人がキャンプ地に来場し、活況となっている。

 松坂が脚光を浴びている、今回のキャンプ。それは仕方ない。横浜高校時代から注目され、甲子園春夏連覇、PL学園高との延長17回の死闘、夏の甲子園決勝でのノーヒットノーラン、プロでもルーキーで最多勝を獲得し、数々のタイトルに輝いた。第1回、第2回のWBCで2大会連続優勝し、2大会連続MVPに。レッドソックスではワールドシリーズ制覇を成し遂げている。これまでに数々の実績を残してきた選手だけに、注目が集まるのは当然だ。

 ただ、中日は松坂だけじゃない。魅力がないチームだとは思わない。チームの中心を担う、投手で言えば、田島慎二や又吉克樹、野手ならば大島洋平や昨季新人王に輝いた京田陽太などは、球界でも屈指の選手だ。小笠原慎之介や鈴木翔太、今季のドラフト1位の鈴木博志、同2位の石川翔といった将来、日本を代表する選手になれる素質を持った選手もいる。さらに言えば、岩瀬仁紀、荒木雅博といった偉大なベテランも。5年連続Bクラスと低迷していることもあり、世に知れていないという部分もあるのではないか。

 そして、2018年。中日の新助っ人も、なかなか面白そうだ。残留したダヤン・ビシエド内野手に加え、今季はメジャー通算51勝の実績を誇るディロン・ジー投手、オネルキ・ガルシア投手、ソイロ・アルモンテ外野手、スティーブン・モヤ外野手の4人がチームに新たに入団した。

1/2ページ

最終更新:2/4(日) 16:11
Full-Count