ここから本文です

〔海外地震〕台湾・東部の花蓮県付近を震源とする地震相次ぐ 日本でも揺れを観測(2/5)

2/5(月) 0:15配信

レスキューナウニュース

台湾・中央気象局によると、昨日4日早朝から、台湾・東部の花蓮県付近を震源とする地震が相次いで発生しています。現地時刻4日21:56頃(日本時間22:56頃)には、これまでで最大規模となるM5.8の地震が発生し、この地震の前後にM5.0以上の地震が3回観測されています。また22:10頃から6分間に5回連続してM4.0以上の地震が観測されています。
この最大規模となるM5.8の地震については、日本国内でも揺れが観測されています。気象庁の観測によると、この地震のマグニチュードはM6.5、沖縄県与那国町で震度2を観測しました。一時、宮古島・八重山地方の沿岸で若干の海面変動が予想される(津波被害の心配なし)と発表されましたが、5日01:00現在、発表されていません。

■台湾・東部花蓮県を震源とするM4.0以上の地震発生状況〔台湾・中央気象局〕(5日00:00現在)
[2月4日]12回(うちM5.0以上:3回)(時刻は現地時刻)
・03:30頃 M4.6 震源の深さ15.2km
・03:31頃 M4.3 11.2km
・21:12頃 M5.1 15.1km
・21:33頃 M4.0 5.1km
・21:56頃 M5.8 16.0km
・22:05頃 M4.7 6.5km
・22:10頃 M4.6 5.0km
・22:12頃 M4.3 5.0km
・22:13頃 M5.5 10.0km
・22:14頃 M4.4 23.3km
・22:16頃 M4.7 5.0km
・23:33頃 M4.3 5.0km
 この他M3.9以下の地震が11回発生

レスキューナウ