ここから本文です

AKB田野優花に「アイドルの自覚ある?」 韓国めぐる発言で謝罪

2/5(月) 12:36配信

J-CASTニュース

 「韓国好きな日本人は好きじゃない」――AKB48・田野優花さん(20)の、こんな発言をめぐり、インターネット上で物議をかもしている。

 冒頭の発言は、インスタグラムのライブ配信「インスタライブ」で2018年2月1日までに飛び出した。批判が出たことを受け、田野さんはその後、誤解を招く発言があったとして、ツイッターで謝罪した。

■「韓国メーク、似合う人と似合わない人がいるから...」

 田野さんは「インスタライブ」の動画の中で、

  「韓国人は可愛いと思うけど、韓国好きな日本人は好きじゃない」「韓国人になりたがってる日本人、嫌い」

と持論を展開。その意味するところとして、「韓国メークとかね、まあ許される人と許されない人がいるよね」「韓国メーク、似合う人と似合わない人がいるから、似合う人だけにして!」と指摘した。

 ここ数年、若い女性の間で韓国発のコスメやメークが流行っており、韓国のモデルや歌手に憧れる人も増えている。インスタグラムで「#韓国人になりたい」と検索すると、9000件以上がヒットする(5日現在)。こうした状況が田野さんの念頭にあったようだ。

 そのほか、

  「韓国行ったらみんな整形したって思うよ、私は」
  「(インスタの)プロフィールの所にもうなんか韓国とか、ハングル文字書いてある人はちょっと無理ですね」

とも発言している。

「たくさんの方に不快な思いをさせてしまいました」

 一連の主張を受け、ツイッターでは

  「田野優花マジで性格悪すぎて動画みてらんない、アイドルとしての自覚ある?」
  「もちろん 韓国好きの日本人を敵に回してるけどさ、韓国人も敵に回してるぞ笑笑」
  「田野優花ちゃんがゆってることめっちゃわかる 正直韓国ブームうざい」
  「田野ちゃんは韓国を批判してるわけじゃなくて、韓国人になりたいとか言って無理に韓流メイクしたり、整形までしちゃう女子を批判してるんだと思う」

など賛否両論寄せられている。

 田野さんは4日にツイッターを更新。誤解を招く発言があったとして、

  「たくさんの方に不快な思いをさせてしまいました」「大変申し訳ありませんでした」

などと謝罪した。

最終更新:2/5(月) 12:36
J-CASTニュース