ここから本文です

カナダ首相、NAFTA離脱も辞さない構え

2/5(月) 7:51配信

ロイター

[ナナイモ(加ブリティッシュ・コロンビア州) 2日 ロイター] - カナダのトルドー首相は2日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で不利な条件が提示されれば、離脱も辞さないとの立場を示した。

首相は当地で開かれた会合で「交渉は複雑で困難だ。何度も述べてきたように、古い協定は受け入れない」と述べ、「米国が悪い条件を提示すれば、カナダはNAFTAから退く用意がある。カナダは言いなりにはならない」と言明した。

一方で、NAFTAに対して引き続き前向きな姿勢も示し、米国が離脱すれば、米国とカナダ双方にとって「非常に悪い影響が生じる」との見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:2/13(火) 23:11
ロイター