ここから本文です

得津氏「広島との2強時代予感させるDeNAの戦力充実ぶり」

2/6(火) 11:00配信

東スポWeb

【得津高宏・快打一閃】DeNAの宜野湾キャンプ、昨年とはまるで雰囲気が違っていた。高田GM、吉田編成部長とも話をしたが、2人とも「選手が着実にレベルアップしている。実力が上がってるんですよ」と終始、笑みが絶えない。昨季の日本シリーズを経験したことで、選手はみな自信に満ちた表情をしており、伸び盛りのチームが強くなっていく時は、こういうものなのだと改めて思わされた。

 唯一、悩んでいるような表情だったのが、昨年からフロントに転進した進藤。聞けば「先発の6番目が…」とか言ってるから「ぜいたく言うなよ」。若くてイキのいい左投手が3人(今永、浜口、石田)もいて、しかもドラフト1位で大学ナンバーワン左腕の東(立命大)の単独指名にも成功。この日、東はブルペン入りしなかったが、投手陣が昨季より悪くなることはまずないだろう。

 野手に目を移せば、ドラフト8位ルーキーの楠本(東北福祉大)のバッティングが目を引いた。アベレージタイプで1年目から即戦力として期待できるのではないか。一方、主砲の筒香も快音を響かせていた。こちらは昨季よりスタンスを狭め、より「回転」で打とうと試していた。キャンプ中はいろいろなことを試せるいい機会。さらなるレベルアップを目指していることを感じさせたが、何より自然体で打っているのが良かった。

 宮崎も相変わらずうまい打撃をしており、これなら巨人を自由契約になった村田が入る余地はどこにもないな、というのが率直な感想だ。

 投手陣は昨季優勝の広島をしのぐものがあり、野手陣もいい若手が揃っている。今季のセはDeNAと広島が2強となるのではないか。そんな予感さえしている。(本紙評論家)

最終更新:2/6(火) 11:00
東スポWeb