ここから本文です

HKT指原、総選挙で特定メンバー支持せず 「指原票」当て込んだ宮脇には痛手?

2/6(火) 19:46配信

J-CASTニュース

 恒例のAKB48グループの選抜総選挙が2018年6月16日に開催されることが発表され、投票をめぐる動きも活発化してきた。焦点のひとつが、17年に上位にランクインし、18年は出馬しない指原莉乃さん(25)や渡辺麻友さん(23)らのファンが投じてきた票の行方だ。

 こういった票の動向が情勢に影響を与えるとの見方がある中で、当の指原さんは「誰々に1位になってほしい、というのはあんまり言いたくない」「『なんとか票』っていうのは、ないよね」と否定。過去に「指原票」に期待を寄せる発言をしていたHKT48の宮脇咲良さん(19)にとっては痛手になりそうだ。

■「そんな票が山のように動くほどないと思う」

 17年の得票数は、指原さん24万6376票、渡辺さん14万9132票に続いて、SKE48・松井珠理奈さん(20)が11万3615票、宮脇さんが8万2803票だった。指原さんが圧倒的に多く得票しているため、この「指原票」がどのメンバーに流れるかに注目が集まっていた。

 指原さんは2月5日夜の動画配信サービス「SHOWROOM」を通じた配信で、こういった見方を否定した。

  「もちろんHKTの子が躍進してほしいって気持ちはすっごくあるんだけど、誰々に1位になってほしい、というのはあんまり言いたくない」

として、自らの発言が波紋を広げかねないことなどに言及しながら、

  「みんな同じくらい頑張っているし、頑張り方が違うだけだから」

とした。さらに、「指原票」といったものが本当に存在するかも疑問視した。

  「今までの総選挙とかも見てても思うけど、『なんとか票』っていうのは、ないよねって思うね。そんなに動くほど...。もちろん応援して、誰々ちゃんに私の握手の分(編注:指原さんと握手するためにCDを買っていた分)を入れるとかはあると思うけど、そんな票が山のように動くほどないと思う」

1/2ページ

最終更新:2/6(火) 20:33
J-CASTニュース