ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ハンカチ落としましたよ」と書かれたハンカチ、「広げたら恐怖だった」と話題 作者は「逆にびっくり」

2/8(木) 7:02配信

withnews

 「ハンカチ落としましたよ」。街で一度は、こんな声をかけられた経験が誰しもあるかと思います。そのかけ声を生地にプリントしたハンカチが話題です。折りたたんだ状態では、人目を引くユニークなハンカチに見えるのですが、広げてみると一面に「ハンカチ落としましたよ」の文字が。「怖い」「狂気」などと、ちょっとホラーな感じがツイッターで話題になりました。「いくらでも変わったデザインがある時代に、話題になってうれしいです。怖いという反応は、意識したわけではないので、逆にびっくりしています」。デザインを考案した作家に話を聞きました。

【写真特集】話題のハンカチ「ハンカチ落としましたよ」を全部広げてみた ユニークなデザインが「狂気」に

「怖い」「狂気」など反響様々

 「発想がかわいくて衝動買いしたハンカチを家で広げたら結構恐怖だった」

 このハンカチは、1日にツイートしたわるさん@5kai79の投稿がきっかけで話題になりました。折り重ねられた一面だけを映した写真では「ハンカチ落としましたよ」が中心に書かれているだけなのですが、広げてみると大中小計23個の「ハンカチ落としましたよ」が書かれています。

 この投稿への反響などをまとめたtogetterのページでは、「怖い」「狂気」などといったつぶやきから「欲しい…」といった声が載せられ、元のツイートは3万3千リツイートされています。

無造作にたくさん書いてあれば目立つ

 このハンカチはタイトルも「ハンカチ落としましたよ」(税込み1944円)。メンズセレクションのハンカチ専門店「H TOKYO」やオンラインショップ「OLD-FASHIONED STORE」などで販売されています。デザインを考案したのが、美術史や時事的な主題を題材にした彫刻やドローイングを多く手掛けている現代美術作家の加賀美健さん(44)です。

 日常の出来事をジョークやコメディーの発想にのせ作品を発表しているという加賀美さん。ハンカチは「H TOKYO」からの依頼を受けて、デザインしたものでした。

 「イラストのハンカチはたくさんあるので、言葉が書いてあるハンカチが良いんじゃないかと思いました。言葉は、ハンカチでまず思い浮かぶものを。文字にした時になるべくキャッチーに見える言葉を選びました」

 デザインの仕事を引き受けた時は、自分がやったことがない、他の人もやったことがないようなものを手掛けられるように心がけているという加賀美さん。一面に文字をちりばめたのも、「『意外性とシンプルさ』を大切にしました。無造作にたくさん書いてあれば、落としたときにも目立つと思ったので」。「パソコンで書いた文字より、自分が書いた汚い字の方が目立つ」として、加賀美さんの手書きの文字が並んでいます。

 ツイッター上の反応にあるような「怖さ」を狙ったわけではないということで、反響については「逆にびっくりしています」と話します。

1/2ページ

最終更新:2/9(金) 9:21
withnews