ここから本文です

英EU離脱、移行期間の紛争処理で単一市場アクセス制限も=EU文書

2/7(水) 11:17配信

ロイター

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、英国がEUを離脱した後の移行期間中にルールに違反した場合の対抗措置として、EU単一市場へのアクセス制限を検討していることが、ロイターが6日入手した文書で分かった。

この文書は、欧州委員会がまとめた移行期間に関する法律の草案文書で、その脚注に対抗措置の記載があった。移行期間中に英国がルールに違反し、欧州司法裁判所でその案件を処理するには時間がかかりすぎると欧州委が判断する場合、その救済措置として英国のEU単一市場へのアクセスを制限することを提案している。

英国は2019年3月末のEU離脱後も、2020年末までの移行期間の間はEU単一市場にとどまる。

移行期間中にEUと英国の間でおきた紛争は欧州司法裁が扱うことになっている。しかし、裁判手続きは長期化する可能性があり、裁判が終わる頃には移行期間が過ぎ、英国がEU法の管轄下にない可能性があるため、救済措置の規定が提案されている。

草案には、移行期間中は英国は全てのEU法に従う必要があるが、EUの意思決定過程には参加しないことなどの規定も含まれている。

草案はEU加盟国に承認される場合、英国がEUと結ぶ離脱条約の一部となる。

最終更新:2/13(火) 18:23
ロイター