ここから本文です

葛西紀明、冬季歴代世界最多更新8度目の五輪出場確実に

2/7(水) 22:12配信

スポーツ報知

 スキージャンプ男子で14年ソチ五輪個人ラージヒル銀メダルの葛西紀明(45)=土屋ホーム=が、日本勢で五輪単独最多、冬季に限れば世界でも歴代最多を更新する8度目の平昌五輪出場を果たすことが7日、確実になった。

 この日午後7時から、試合会場のアルペンシア・ジャンプセンターで公式練習を実施。3回の飛躍のうち、1回目と3回目でK点ちょうどの98メートルをマーク。8日に行われる男子ノーマルヒル予選メンバー(4枠)に入った。「いや~、しょっぱいジャンプだった。1回目と2回目は硬くなってしまって。(予選メンバーの)選考なので、脈もドキドキして緊張した」と苦笑いした。

 男子ノーマルヒル予選には7日の練習でのパフォーマンスなどを踏まえ、葛西のほかに今季W杯個人総合8位の小林潤志郎(26)、伊東大貴(32)=ともに雪印メグミルク=、小林陵侑(21)=土屋ホーム=が出場することが決まった。竹内択(30)=北野建設=は外れ、個人ラージヒル(16日予選、17日決勝)出場を目指して調整する。

最終更新:2/8(木) 0:23
スポーツ報知