ここから本文です

菊池桃子、テレビで32年ぶりオリジナル音源の「Say Yes!」熱唱

2/7(水) 4:00配信

オリコン

 1980年代を代表するアイドルの一人、菊池桃子が、TBS系『歌のゴールデンヒット-青春のアイドル50年間-』(12日 後7:00~10:54)に出演、テレビでは32年ぶりにオリジナル音源で「Say Yes!」を歌唱することが明らかになった。

【写真】レコ大出演時のピンク・レディー

 過去およそ50年の間に活躍したアイドルを、4時間にわたり振り返る番組。スタジオには菊池以外にも、麻丘めぐみ、石野真子、菊池桃子、今陽子、榊原郁恵、西村知美(※50音順)ら、往年の女性アイドルがゲストとして出演するが、観覧客の前で歌唱したのは菊池だけ。先日、都内で行われた収録では、18歳だった1986年の発売当時の音源で歌うという菊池の勇気に、観客はもちろん、ほかのゲストや司会の堺正章、宮迫博之(雨上がり決死隊)、広末涼子らも感服していた。

 「Say Yes!」は、デビューシングル「青春のいじわる」(1984年4月発売)から数えて9枚目のシングルで、初のオリコン週間ランキング1位を獲得した代表曲。今回の収録では、32年前にタイムスリップしたかのように「空にSay Yes!」と菊池が歌えば、観客も「Say Yes!」と繰り返すコールアンドレスポンスで盛り上がり、1発OKで潔く歌い切っていた。番組内では当時は知られていなかった数々の秘話も明かされ、当時を知る世代も知らない世代も興味深く楽しめるに違いない。

 4時間スペシャルの目玉はほかにも。昨年末、39年ぶりの出演となった『第59回輝く!日本レコード大賞』(同局)で、二人揃ってのパフォーマンスが大きな話題となったピンク・レディーにもスポットを当てる。番組ではレコ大の舞台裏に完全密着。6年ぶりの再稼働となったミイとケイ。歌と踊りの練習風景や、世界的有名デザイナーを起用した衣装合わせの様子、さらに、デビューからレコード大賞受賞までを振り返る二人の独占インタビューも放送。デビュー前の超秘蔵映像など貴重なシーンも交えたドキュメンタリーに仕上がっている。

最終更新:2/12(月) 10:14
オリコン