ここから本文です

反論から一転、「僕がバカだった」と謝罪 「母の自己犠牲美化」と批判でた曲の作詞者

2/8(木) 12:11配信

J-CASTニュース

 絵本作家の「のぶみ」さん(39)が2018年2月8日、自らが作詞を手掛けた楽曲「あたしおかあさんだから」の歌詞に批判が集まっていることを受け、「本当に深くお詫び申し上げます」とツイッターで謝罪した。

 問題視されたのは、NHKの「おかあさんといっしょ」でうたのおにいさんを務めていた横山だいすけさん(34)が歌う楽曲。献身的に子育てに励む母親の心情をテーマにした歌詞の内容に、ネット上で「母親の自己犠牲を美化しているのではないか」との批判が寄せられていた。

■「ママおつかれさまの応援歌なんだ」

 「あたし―」は、動画サイト「Hulu」で2月2日に配信された横山さんの冠番組の中で初披露された。

 曲の歌詞では、タイトルの「あたしおかあさんだから」のフレーズを繰り返しながら、自分の趣味よりも子供を優先する母親の心情を描いている。具体的には、子供のために着る服や食事のメニュー、見るテレビ番組などを決めている、などとしていた。

 こうした歌詞の内容は、幼い子供がいる母親を中心に大きな注目を集めた。ツイッターやネット掲示板には「すっごく感動した」といった好意的な意見が出た一方で、

  「私は飲みにも行くしそこまで料理も頑張りませんがおかあさんじゃないのかな?」
  「子供に聞かせられない。お母さん我慢してくれてありがとう、よりもお母さん我慢させてごめんなさい、って子供は思うのでは」
  「『母親になったのだから自らを投げ打つのが当然で、幸せなのだ』って呪いのメッセージひどすぎる」

などと歌詞を批判したり、疑問視したりする声も相次いでいた。

 こうした反応を受け、作詞を手掛けたのぶみさんは5日、自身のフェイスブックでネット上の批判に反論。歌詞は母親たちを取材したエピソードから作ったとして、「僕がおかあさんたちってこうなんでしょって想像で決め付けて書いてることは、1つもないよ」と釈明。その上で、

  「これは、元々ママおつかれさまの応援歌なんだ(中略)この炎上で 全て、この歌が無かったことになったり 今後、聞いてもらえなくなるのは、悲しい」

などと訴えていた。

1/2ページ

最終更新:2/8(木) 15:21
J-CASTニュース