ここから本文です

SMAPとナスDによる伝説的ドラマ「毒トマト殺人事件」を知ってる?

2/8(木) 17:11配信

dmenu映画

今も昔もアイドルが通る道と言っても過言でないのが「ドッキリ」番組。仕掛ける側に回るときもあれば、驚かされる立場になることもあり、どちらにしてもファンはいつもと違う素の表情に一喜一憂してしまいます。今回はジャニーズのアイドルたちが関わったドッキリについて紹介しましょう。

中島裕翔が脱退!? 「学ぶことも多かった」山田涼介へのドッキリ

昨年11月28日の「ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)では、Hey! Say! JUMPが「結束力を確かめるため」として、グループ全員が集まる中、中島裕翔が「JUMPを脱退したい」と告白するドッキリを仕掛けました。

このときのターゲットは、山田涼介ただひとり。山田以外は全員仕掛け人でした。衝撃の告白を受けた日からネタバラシされる放送当日までの約1週間、山田は中島とほとんど会話もなかったそう。一方、ダマしている中島も「心が痛かった」とコメントしました。そして、「ベストアーティスト2017」の舞台ではネタバレ後、歌う前に改めて山田が「辞めない?」と中島に確認すると、中島は力強く「辞めない!」と返答。歌い終わった中島が山田に抱きつき、謝る姿も見られました。

このドッキリはSNSでも話題になりましたが、2018年1月4日のラジオ「Hey! Say! 7 UltraJUMP」(文化放送)で、山田が「ああいう局面に立たされたからこそ学ぶこともあるし、このグループが好きなんだなと思えたし、いい経験になった」と語り、ファンに対して「ご心配なく」と述べています。

バラエティ番組はドラマのためのものだった!? SMAPへのドッキリとは?

過去にはバラエティ番組のロケをしながら、同時進行でドラマが作られていた、という盛大なドッキリを仕掛けられたグループもいます。それがSMAPです。

メンバーそれぞれが体を張った企画に挑戦した、2010年1月10日放送の「SMAPがんばりますっ!! CHAN TO SHI NAITO NE! スペシャル」(テレビ朝日系)。この番組にドラマ用として撮影された映像を加え、メンバー全員が殺人事件の容疑者というドッキリ形式のドラマ「毒トマト殺人事件」が5人の知らないところで作り上げられていました。

被害者役は「SMAPがんばりますっ!!」(同系)で共演したテレビ朝日の大下容子アナ。番組内で大下アナと同じトマトを食べていたSMAPのメンバーが容疑者となり、徐々に追い詰められていくというストーリーに仕上げました。

ちなみに、ドラマの監督・脚本編集を務めたのは、現在放送中の「陸海空 地球征服するなんて」(テレビ朝日系)の「ナスD」こと友寄隆英氏。主演の役者たちに、ドラマであることを告げずに撮影するという、それまでにない新しい試みに、中居は「すっげー楽しかった」とコメントしています。

1/2ページ

最終更新:2/8(木) 17:11
dmenu映画