ここから本文です

<BG~身辺警護人~>キムタク主演ドラマ第4話の視聴率は13.6%

2/9(金) 12:14配信

まんたんウェブ

 元「SMAP」の木村拓哉さん主演の連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第4話が8日、放送され、平均視聴率は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。3話の13.4%から0.2ポイント上回った。

【写真特集】大臣を守る“禁断の任務” 警視庁SPが敵に?

 第4話は、厚生労働相の立原愛子(石田ゆり子さん)から、愛子に付いている警視庁SPの目を盗んで、ある人物と3時間の密会をするまでの身辺警護の依頼を受けた島崎章(木村さん)たちは任務を開始するが、会社で待機していた高梨雅也(斎藤工さん)は、愛子はウソをついているのではないかと感じ、章も愛子の様子を不審に思い、本当の理由を問う……。一方、愛子の不在に気付いたSPの落合義明(江口洋介さん)は、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、数日前に章たちと会っていたことを知り、日ノ出警備保障を訪れ、高梨たちから愛子の居場所を聞き出そうとするが……というストーリーだった。

 ドラマは、武器を持たず丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間警備会社のボディーガードたちの戦いの日々を描いている。6年前のある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディーガードの章が、身辺警護課の新設を機に復帰を決意するも、過去は隠して他のメンバーと同じく“新人ボディーガード”として着任し……という内容。

最終更新:2/9(金) 12:14
まんたんウェブ