ここから本文です

買物弱者のお助け!移動スーパー長洲町でスタート

2/9(金) 20:01配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

高齢者などの買い物支援を行う移動スーパーが長洲町ではじまりました。1人暮らしの世帯などを見守る役目も担います。
移動スーパーを始めたのは長洲町にあるユーマートトクナガです。長洲町と協定を結び、買い物支援だけでなく一人暮らし世帯などの見守り活動にもつなげます。
「3人にひとりは65歳以上の高齢者。民間がいろいろなことに参画してもらうことでこれからの福祉のまちづくりの原点になる」(中逸博光町長)
出発式のあと、移動スーパーはさっそく、事前登録をしている高齢者のもとへ。「おはようございます、きましたよ」(従業員)積み込まれている商品は肉や魚などの生鮮食品をはじめお惣菜やお菓子、日用品まで400種類1200点に及びます。ひと商品ごとに10円の手数料はかかりますが週に2回、戸別に訪れ御用聞きもしてくれます。
「助かる(買い物に)行ききらん、ひざも悪かけんよかよ、楽しい」「きのう店に行って)だいぶん買ってきていたから、きょうはただ、見ようかなと思って・・・(その割には買っていらっしゃる)そうです。計算ばしてもらおう計」(住民)
これまでは片道20分かけて買い物に行っていた人や近所に住む子供たちにおつかいを頼んでいたという人も。なにより、会話をしながら自分の好きな品物を選べる、「買い物」を楽しめることが魅力です。
「みんなにこんなに喜んでもらって明るい声をいただいたので本当にやる気がでました」(ユーマートトクナガ 大橋祐司さん)
業者ではこの移動スーパーを今後、他のエリアにも広げていきたいとしています。

RKK熊本放送

最終更新:2/9(金) 20:01
RKK熊本放送