ここから本文です

物販イベントの客、「障害者の妹が買った」からと返金要求...ウソと判明、動機は「転売スクールの課題」

2/9(金) 20:31配信

J-CASTニュース

 物販イベントの出展ブースで商品を購入した客が、「障害を抱える妹が間違って買った」ことを理由に、出展者に返品・返金対応を要求した。

【画像】返品要求メールの文面

 一度は応じようとした出展者だが、最終的に「障害者の妹」の話は「嘘」であり、その客は「転売スクールの課題の一環」で購入したという。「転売スクール」とは何か。J-CASTニュースは事の顛末を出展者に聞いた。

■「重要な話しですので、弁護士さんを雇いました」

 インターネット通販で自身のアクセサリーブランド「JISS」を展開する森愛純さんは、2017年11月11~12日に開催されたアートイベント「デザインフェスタ」にブースを出展、商品を販売した。森さんが例の客とかかわり合うことになったのは、このイベントだ。

 ことの成り行きは、18年2月4日以降の森さんのツイッターに書かれている。

 まず客は、JISS側にこう送信してきた。

  「私の障害を抱える妹が、11月のデザインフェスタで、こちらのショップから購入してきてしまいました。明らかに誰が見ても障害を持つことは分かる子に商品を売るなんてと驚き、家族全員で悲しい思いをしました。返品したく、皆でお店を探し回ったのですが、見つけられないままにイベントは終了してしまい、泣く泣く持ち帰りました。(中略)かわいそうにレシートは貰えなかったそうです」

 品物は新品のまま保管しており、「返品対応をよろしくお願い致します」と求めてきた。また「重要な話しですので、弁護士さんを雇いました」と書かれており、購入先がJISSだと特定できたのも「弁護士さんのおかげ」という。

 森さんは返信で、「そのような悲しい思いをさせてしまったこと、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪し、「返品並びに返金については、事情を知らずに販売してしまった事もありますので承ります」と応じる意向を示した。その上で、確認のため購入品を撮った写真の送付を願い出た。

 客は購入品の写真を添付し、「彼女は発達障害で落ち着きがなく、コミュニケーションに難があるため、買い物をすることも難しいのですが」といったことを書いていた。

 写真の商品がいずれも販売した商品と確認した森さんは、「早急に返品をさせて頂きたく思います」と客にメールした。総額は合計21点で4万5200円。ただ、次のような内容を付記していた。

 写真中の購入商品の1つに、剥がすはずのバーコードを誤って貼ったままにしていた物があった。一方で森さんは、JISSの商品がネットのフリーマーケット上で販売されているという情報を「ファンの方から聞いて覗きに行ったことがあります」として、同様にバーコードが貼られたままのJISS商品を見つけたことがあった。他にも写真中の商品と同様と見られる物がフリーマーケットに数点あった。デザインフェスタでは正規ネット通販価格より安価に販売したが、「デザインフェスタ価格以上、正規ネット価格以下」で出品されていたという。

1/3ページ

最終更新:2/9(金) 22:44
J-CASTニュース