ここから本文です

葛西、平昌先陣!乗ってけニッポン 男子NH全員が予選突破

2/9(金) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇平昌冬季五輪 スキージャンプ・男子ノーマルヒル予選(2018年2月8日)

 レジェンドが日本の先陣を切った。男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)予選が行われ、冬季五輪史上単独最多8度目出場となった45歳の葛西紀明(土屋ホーム)が98メートルの117・7点で、20位で10日の決勝に進んだ。葛西は9日の開会式で、日本選手団の旗手を務める。日本は小林潤志郎(26=雪印メグミルク)が18位、小林陵侑(21=土屋ホーム)は21位、伊東大貴(32=雪印メグミルク)は31位で、全員が予選を通過した。

 極寒の夜空にレジェンドが舞った。8度目の五輪出場という歴史的瞬間だ。力強く踏み切ると98メートルまで飛距離を伸ばし、日本勢2番目の20位で予選を通過。五輪開幕前夜、日本選手団の斬り込み隊長の役割を果たした。

 「8度目のプレッシャーがあった。そいつが邪魔していた。達成できるかプレッシャーがあった。やっと出られてうれしい」

 声を弾ませ、子供のように喜んだ。さらに「予選は通ったっすか。緊張のあまり(スーツの)チャックが開いてた。焦った。(空気)抵抗があって5メートル伸びなかった」と苦笑いを浮かべた。

 前日7日の公式練習で、個人ノーマルヒル出場の4枠に滑り込んだ。その滑り込みの要因となった3本目(98メートル)で好感触を得たという。「自信を取り戻し、不安も消えてジャンプがかみ合いだした。だいぶ吹っ切れた。五輪の楽しさを感じる。(若手が)緊張しているとか。楽しんでいる」と余裕も出てきた。

 14年ソチ五輪は個人ラージヒル銀、団体銅を獲得した。今季は8大会連続五輪出場というプレッシャーもあり、成績は低迷した。昨年11月のW杯では5季ぶりの予選落ちを経験するなど調子が上がらなかった。五輪直前は札幌で“ノージャンプ調整”を敢行。エアロバイクをこいでいる時は、ソチ五輪の自分のジャンプの映像を何度も繰り返して見た。イメージを頭の中にすり込ませ、5日平昌に乗り込んできた。

 9日に開会式で日本選手団の旗手の大役を務める。14年ソチで主将、今回は旗手。冬季五輪の日本男子で両方を務めるのは初。「開会式は楽しみですね。パワーを交換しながら、分かち合いたい。旗は思い切り振ってきたい」と話し、決勝への思いをこう続けた。「完璧なジャンプを2本そろえて、表彰台目指して頑張ります」。45歳の新たな伝説がこの夜、幕を開けた。