ここから本文です

菅田将暉、『キネ旬』で主演男優賞 ヤン・イクチュンとキス顔披露

2/12(月) 20:50配信

オリコン

 俳優の菅田将暉が12日、都内で行われた映画賞『2017年 第91回キネマ旬報ベスト・テン』表彰式に出席した。『あゝ、荒野(前篇)(後篇)』『火花』『帝一の國』『キセキ-あの日のソビト-』での演技が評価され、主演男優賞に輝いた菅田は「本当に重い賞だと実感しています。まだまだ知らないこともありますが真摯にワンカットワンカット、俳優部として一生懸命にやっていきたい」と重さ5キロあるトロフィーを抱えながら決意を新たにした。

【写真】『キネマ旬報ベスト・テン』で主演男優賞に輝いた菅田将暉

 昨年は4本の映画主演、大河ドラマに出演し、歌手活動や舞台出演にと大忙しだったが「自分としてはやろうと思ってやったことなのでそれはそうなるわな…と」と腹をくくっていたようで「『菅田くんとこれをやりたい』と言ってくださる方がいて、その人の目を見ているとありがたいというか幸せで『ぜひ』と言うしかない。まだ体も元気なので、できる限りやっていこうと」と意欲をみせた。

 一方、読者選出日本映画監督賞を受賞した『あゝ、荒野』岸善幸監督に対して菅田は「監督はカットをかけない。僕はいいんですけどカットかけないことでスタッフさんと監督がけんかし始める、その空気は伝わってくるのが面倒くさかった」と正直にぶっちゃけた。岸監督はそんなクレームに苦笑しつつ「菅田くんが恋人に去られて泣く場面は20分ほど回してる」と裏話を明かして周囲を驚かせていた。

 そんな菅田と『あゝ、荒野』で共演したヤン・イクチュンも助演男優賞を受賞。計3冠を達成した。司会から菅田のすごさについて聞かれると「動物的なところがある。脱いだ姿も野性的なカラダと感性を持っているすばらしい俳優さん」と絶賛した。菅田との2ショットでは二人そろって唇を突き出し、おちゃめなキス顔をみせて会場は大盛り上がり。ヤンは「菅田さんのファンの方は羨ましいと思うんじゃないでしょうか」と得意げに菅田の肩に顔を乗せて、仲良しぶりをアピールをしていた。

 受賞作品、受賞者は以下のとおり。

■日本映画作品賞
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

■外国映画作品賞
『わたしは、ダニエル・ブレイク』

■文化映画作品賞
『人生フルーツ』

■日本監督賞
大林宣彦 『花筐/HANAGATAMI』

■日本映画脚本賞
石井裕也 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

■主演男優賞
菅田将暉 『あゝ、荒野(前篇)(後篇)』『火花』『帝一の國』『キセキ-あの日のソビト-』

■主演女優賞
蒼井優 『彼女がその名を知らない鳥たち』

■助演男優賞
ヤン・イクチュン 『あゝ、荒野(前篇)(後編)』

■助演女優賞
田中麗奈 『幼な子われらに生まれ』

■新人男優賞
山田涼介 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『鋼の錬金術師』

■新人女優賞
石橋静河 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』

■読者選出日本映画監督賞
岸善幸監督

■読者選出外国映画監督賞
デイミアン・チャゼル監督

■キネマ旬報読者賞
立川志らく

最終更新:2/12(月) 22:34
オリコン