ここから本文です

舞祭組、初ライブツアーでそわそわ “1列目”に慣れず「照明が痛い」

2/13(火) 4:00配信

オリコン

 人気グループ・Kis-My-Ft2の千賀健永、二階堂高嗣、宮田俊哉、横尾渉からなるユニット・舞祭組が12日、東京・NHKホールで初の単独ライブツアー『舞祭組村のわっと!驚く!第1笑』を開催した。

【写真】舞祭組ポーズを披露する4人

 開演前に取材に応じた4人は大量のフラッシュを浴びたが、横尾は「改めて舞祭組でライブやってわかったのは前の3人(玉森裕太、藤ヶ谷太輔、北山宏光)はかっこいい。今、すごい照明が痛い。前の3人がいないから」と苦笑し、二階堂も「いつもは2列目だから…」と慣れない“1列目”にそわそわした様子で語った。

 宮田は「だってすでに壁にくっついちゃってるもんね」といつの間にか立ち位置が本来の場所から相当後ろに下がっていたことに気づき、二階堂は「ここに3人がいるんですよ!」と知らず知らずのうちに、いないはずの3人を意識していたことを指摘。「クセだね!」「マイクとの距離に慣れない!」と口をそろえて爆笑し、宮田は「壁にくっついてると落ち着くわ~」ともう一笑い起こしていた。

 平昌オリンピックの話題では、フィギュアスケートの宇野昌磨選手と同郷・愛知出身の千賀が「つながりを感じちゃって勝手に友達だと思っている」と得意げになる一方で、宮田は「きょう二階堂、宇野くんの髪型意識してない?」とツッコミ。二階堂は「旬の人に寄せていくんです」と否定しなかったが、報道陣から「ローラースケートで4回転?」と期待されると「物理的に無理!」と降参していた。

 今回のツアーでは、2月28日の福岡サンパレス公演まで、全国6会場21公演で計5万4265人を動員予定。「和」「輪」「話」「笑」を題材にした「わっ!」と驚くライブをテーマに、お祭り、体操、お経、演歌、バンド、100日間の肉体改造によるマッチョな姿でのダンスなど、全18曲を披露しファンを楽しませた。

最終更新:2/13(火) 4:00
オリコン