ここから本文です

アイ・テック、土木リース事業に参入

2/9(金) 13:25配信

日刊産業新聞

 鋼材流通の大手アイ・テックは本年4月から、土木リース事業に本格参入する。新潟県上越市に上越出張所を開設し、北陸3県に新潟、長野両県を加えた北信越地域を皮切りに、今後、東日本地域の支店を置くエリアに営業を展開していく方針。自社オリジナルのガードレール商品「アイ・テック Dガード」も開発し、敷鉄板やH形鋼などの土木製品を販売、リースする。従来の建築用鋼材販売に加え、土木関連での需要捕捉の相乗効果発揮を狙っていく。

最終更新:2/13(火) 16:32
日刊産業新聞