ここから本文です

なんだこりゃ? 平昌オリンピックに謎の物体「モルゲッソヨ」

2/9(金) 21:00配信

ハフポスト日本版

平昌冬季オリンピックに関して、ある物体が、日本のSNSユーザーの間で注目を集めている。

【関連画像】人間リュックサック、パリコレに出現 なんじゃこりゃ?

メインプレスセンター前に設置されたオブジェで、裸の男性3人が頭に兜のようなものを被っている。この銅像はすべてスキージャンプ台を向いている。

それは、ボランティアの返答から生まれた

事のはじまりは2月7日、日本のスポーツ紙が報じた記事だった。オブジェについて尋ねられたボランティアスタッフの「モルゲッソヨ(わかりません)」という言葉を報じた。

その結果、日本のネットユーザーは、このオブジェをそのまま「モルゲッソヨ」と呼ぶようになったのだ。

モルゲッソヨの正体は…

実はこのオブジェ、作家のキム・ジヒョンさんが2009年に発表した「銃弾マン」という作品だ。

この作品は、2013第1回江原道国際美術展覧会を経て、アルペンシアリゾートに設置されており、現在、江原道文化財団が所有している。

2009年の「ソウル新聞」の報道によると、この作品は「かっこいい体、富、名誉などへの人間の欲望を具体的なイメージで表現した」という。

ハフポスト韓国版