ここから本文です

「田村淳、青学受験の結果は?」の賭け企画中止「関係者並びに受験生への配慮が足りていなかった」

2/10(土) 1:58配信

東スポWeb

 サイバーエージェントが運営する「SUPERCHOICE」(スーパーチョイス)は10日までに「田村淳、青学受験の結果は?」のお題を中止すると発表した。

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(44)は昨年9月、憧れだった青山学院大学合格を目指すと発表。AbemaTV「偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(毎週土曜午後10時)で、受験勉強に奮闘する模様などを伝えてきた。淳は8日に同大学の全学部の試験を受験(合格発表は13日)。17日の番組で合否を発表する予定だ。

 同サイトはアカウントを開設すれば無料でイベントに参加・投票できるもので、これまで「亀田大毅 VS 黒咲豪、勝つのはどっち!?」などのお題を設定。亀田大毅の試合は配当金総額を25万円に設定し、予想的中者の中から抽選で25人に1万円を配当。淳の合否は配当を総額50万円に倍増していた。

 淳は9日、自身のツイッターに賭け企画のスクリーンショットを掲載。「僕なりに毎日机に向かい頑張ってきた受験をこんな形で使われる事は、大変遺憾でありますが…(こういう時に使うのか遺憾って)所属事務所が許可をしてるのか? 事務所も何も知らないのか? 僕は少なくとも聞かされてないです…とても悲しい気持ちになりました…勉強頑張ろ…せめて受かって見返したい!」と投稿。淳は受験への批判を受け止めた上で「合格目指します」と仕事と受験勉強を両立してきたが、AbemaTVとSUPERCHOICEはサイバーエージェントが運営することから、知らないところで受験をネタにされたことに怒りをにじませたようだ。

 サイトでは「番組を盛り上げる一環として公開致しましたが、運営で協議の結果、関係者並びに受験生への配慮が足りていなかったため中止が妥当であると判断いたしました」と中止を発表。「関係者の皆様、ご利用の皆様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。大変恐縮ではございますが、注意事項にありますとおり中止となったイベントのBETは全て無効となります。ご了承ください」と謝罪した。

最終更新:2/10(土) 12:45
東スポWeb