ここから本文です

はふはふ、おいしい 週末限定でカキ小屋 新上五島

2/11(日) 8:52配信

長崎新聞

 長崎県新上五島町内で養殖したカキなど海産物を炭火焼きで味わうカキ小屋の営業が10日、同町青方郷の青方港近くの大曽冷蔵庫裏で始まった。3月31日まで毎週土、日曜に開店する。

 地元漁業者で構成する上五島地区漁業集落青方支部が地産地消推進などを目的に毎年実施している。

 会場には焼き台20台(約120席)を設け、カキ(1キロ700円)のほかにアワビやサザエなども販売。来場者は網の上で香ばしく焼いた海の幸に舌鼓を打った。

 同郷の会社員、鈴木誠さん(52)は「カキは大きくて食べ応えがある」と満足そう。初日は開店イベントで海産物の重さ当てクイズなどもあり、家族連れらでにぎわった。

 焼き台使用料として千円(カキ1キロ付き)が必要。営業時間は午前11時~午後3時(ラストオーダーは午後2時)。問い合わせは上五島町漁協(電0959・52・2008)。

最終更新:2/12(月) 0:10
長崎新聞