ここから本文です

「高音質」で出遅れ挽回=AIスピーカー発売―米アップル

2/10(土) 7:20配信

時事通信

 【シリコンバレー時事】米アップルは9日、音声で対話できる人工知能(AI)を搭載したスピーカー「ホームポッド」を米国などで発売した。

 米国での価格は349ドル(約3万8000円)。先行するライバル製品に比べて高価だが、音質の良さを売りに出遅れを挽回したい考えだ。日本での発売時期は未定。

 「魔法のような新しい音楽体験だ」(シラー上級副社長)。インターネットや家電との連携が持ち味のAIスピーカーだが、アップルが前面に打ち出したのはオーディオとしての性能だ。室内での設置位置を認識して音を自動調節したり、大音量で音楽が流れていても人の声を理解したりする。

 有料音楽配信サービス「アップル・ミュージック」との相乗効果も狙う。ただ、一部メディアからは「音は最高だが、最高に賢くはない」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)などと音声対話機能の弱さを指摘されている。 

最終更新:2/10(土) 9:38
時事通信