ここから本文です

【オリックス】宮内オーナーがゲキ 「情熱と技術を持て!」

2/10(土) 13:41配信

スポーツ報知

 オリックスの宮内義彦オーナー(82)が10日、宮崎キャンプの視察に訪れ、3年連続Bクラスに沈むチームに奮起を促した。昼過ぎに到着すると、室内練習場にナインを集め、約5分間に渡る訓示。関係者の話を総合すると「攻撃ではベースを一つずつ進めて点を取る。守備では相手にベースを与えない。情熱と技術の両方を高めて頑張って欲しい」とゲキを飛ばしたという。

 11日には今キャンプ初の実戦となる紅白戦が予定されており、宮内オーナーも視察予定。22年ぶりの優勝に向け、戦力を見極める。

 ◆オリックス・宮内オーナーのキャンプ視察でのゲキ

 ▽2014年 当時、5年連続Bクラスのチームに「あえて優勝とは言わない。勝つ試合を積み上げてくれれば」。(2位)

 ▽15年 「毎年『優勝しろ』と言ってきたけど、むなしいからやめました」と、V宣言は自虐的に封印したものの、中島らを獲得した大型補強には「100点満点」とご満悦。(5位)

 ▽16年 5位に沈んだ前年を振り返り「去年はオーナー生活の中で最もがっかりした年だった」。当時の年俸5億円の金子や同3億5000万円の中島らに対し「(年俸の)価値の部分を表してもらわないと」と厳しい注文。(6位)

 ▽17年 最下位に沈んだ前年を振り返り、チームに苦言。「あきれ返っている。1軍もファームも最下位で球団が始まって以来の珍記録。目の色が変わってクレイジーなキャンプになってます、ぐらいじゃないと」とバッサリ。(4位)

最終更新:2/13(火) 23:28
スポーツ報知