ここから本文です

日本勢3人全員予選落ち…18歳・吉永は3着ゴール後に失格

2/10(土) 19:34配信

スポニチアネックス

 ◇平昌冬季五輪 ショートトラック男子1500メートル予選(2018年2月10日)

 ショートトラック男子1500メートル予選が行われ、日本勢は横山大希(23=トヨタ自動車)、吉永一貴(18=愛知・名古屋経大市邨高)、渡辺啓太(25=阪南大職)の3選手が出場したが、いずれも準決勝進出はならなかった。

 1組の横山はラスト1周で抜かれて4着に終わり予選落ち。ショートトラック男子では最年少代表となった4組の吉永は積極的なレース運びで3着でゴールしたものの失格。5組の渡辺も4着に終わった。