ここから本文です

【川崎】小林、大久保ゴールも今季公式戦初戦は2―3で黒星発進

2/10(土) 15:38配信

スポーツ報知

 ◆富士ゼロックス・スーパー杯2018 C大阪3-2川崎(10日、埼玉スタジアム2002)

 意地の一発は川崎に再び戻った大久保が決めた。後半ロスタイム1分。左サイドでMF長谷川がドリブル突破。一度は相手にボールを奪われたが、長谷川がボールを取り返すと、中央へ低く速いクロス。最後は中央で背番号4をつけた大久保がプッシュしてゴールネットを揺らした。「出たら違いを生み出す。やることはいっぱいある」。スタメンではなく、後半開始からの出場となったが、復帰1号をいきなり今季の初戦で決めた。

 後半3分に失点し、0―2。それでも後半6分にFW小林がPKを決めて1点差に詰め寄った。だが、後半33分に一瞬のスキを突かれ、失点し、1―3に。最後にF東京から復帰した大久保が1点決めたが、2―3のまま試合終了。昨季J1王者の川崎は昨年のルヴァン杯決勝のリベンジならず。2018年は黒星発進となった。

最終更新:2/13(火) 15:00
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報