ここから本文です

勝っていたら表彰台だったのに…高木美帆「悔しい」5位も収穫あり「もっとできる」

2/10(土) 22:04配信

スポニチアネックス

 ◇平昌冬季五輪 スピードスケート女子3000メートル(2018年2月10日)

 平昌五輪は10日、スピードスケート女子3000メートルが行われ、同種目の日本記録保持者の高木美帆(23=日体大助手)が、全体12組24人で最終滑走前の11組目に出場。4分1秒35の5位で今大会日本勢メダル第1号はならなかった。

 メダルまで1秒33差。「同走の選手に勝っていたら表彰台に上ることができたので悔しい。それでも、この大舞台で悔いなく力を出せたかなと思います」と振り返った。

 「まだ上位(メダル)の実力が自分にはないのだなと思った。明日以降のレースでもっとできることがあるなと思っている」と冷静に分析。

 1500メートルに向けては「このリンクはスピードを出したほうがいいかなと思う。表現が難しいが、感覚の部分で“伸びていく”滑りをしたい」と前を向いた。