ここから本文です

カラフルなパッケージが印象的なプリペイドケータイ「V101D」(懐かしのケータイ)

2/11(日) 10:05配信

ITmedia Mobile

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ボーダフォン(現・ソフトバンク)の三菱電機製ケータイ「V101D」です。

【Vodafoneロゴ】

 V101Dは、2003年2月に発売された「J-D07 enjorno」のロゴやカラーを変更して同10月に登場したケータイです。

 V101D(J-07D)は通話とメール機能を備えたストレート型のプリペイド(プリカ/Pj)専用モデルで、カメラやブラウザといった機能は搭載していませんでしたが、メールはPC向けや他キャリアとのやり取りにも対応していました。

 カラフルなチョコレート菓子がプリントされたパッケージで、コンビニなどでも販売されていたので、目にしたことがある人も多いかもしれません。

 そういえば、旧J-フォン(J-PHONE)では東海地区は「Pj」、それ以外の地区では「プリカ」とプリペイド携帯電話サービスの名称が異なっていました。名称だけではなくサービス内容にも違いがありましたが、皆さんは覚えているでしょうか……?

(機材協力:携帯市場)

「V101D」の主な仕様

・発売日:2003年11月6日(J-D07:2003年2月10日)
・キャリア:ボーダフォン
・メーカー:三菱電機
・サイズ:約46(幅)×116.5(高さ)×18(奥行き)mm
・重量:約82g
・メインディスプレイ:1.45型(128×128ピクセル)STN液晶 4096色
・ボディーカラー:ライトブルー、ダークグリーン(J-D07:ブラック、ブルー、レッド)

最終更新:2/11(日) 10:05
ITmedia Mobile