ここから本文です

【KNOCK OUT】那須川天心、最強の敵との戦いへ向けて計量クリアー「久しぶりにワクワク」

2/11(日) 19:25配信

イーファイト

 2月12日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT FIRST IMPACT』の前日計量&記者会見が、11日(日)都内にて17:00より行われた。計量は全選手が一発でパスした。

【フォト】計量をクリアーした那須川は力強くガッツポーズ

 メインイベントで対戦する、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者・那須川天心(19=TARGET/Cygames)はリミットちょうどの55.7kg、プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者スアキム・シットソートーテーウ(タイ)は55.5kgでそれぞれ計量をクリアー。

 那須川にとってこれまでの中で“最強の敵”と目されているスアキムは、「明日は絶対に勝ちます」とシンプルなコメント。那須川は「過去一番強い相手ですが、どうやって倒すかよりも自分のスキルを全部出さないと勝てないと思います。格闘技の未来が懸かった試合だと思っています。必ず勝ちます」と、相手を難敵だと認めた上で必勝宣言。

 会見後には囲み取材に応じ、「相手はデカかったけれどもデカさを感じなかった。プレッシャーみたいなデカさは感じなかったですね。雰囲気はありましたが、思っていたよりはない。想像以上ではなかったのでまずは一安心です」と、スアキムに威圧されるようなものは感じなかったという。

「コンディションはばっちりです。本当にばっちり。練習はいつもよりも追い込みを長めにやって、それ以上はやるなというところまでやりました。そのため風邪をひいたり、体調を壊しそうになりましたが、気合いは入っていましたね。だから絶対に負けないと思います。やることはやったので。何で倒すと決められる相手ではないので、やってきたことを全て出すだけです。相手を見ても気合いが入っていたので、しっかりと勝ちたいと思います」と、最強の敵との戦いへ向けて過去最高の練習をしてきたことが自信につながっているようだ。

 那須川天心がついに負けるかもしれないとの声があることについては、「僕も久しぶりにワクワクする。KNOCK OUTはいい意味でワクワクさせてくれる相手を用意してくれた。そういう試合の方が見ている人も楽しみだし、僕も燃える。そういう試合をしないと評価も上がらないですからね。そういう試合を今後もやっていきたい。例え負けたとしても挑戦なので。挑戦してこそ格闘技だと思う」と、強敵を前にワクワク感が抑えきれない様子。

 しかし、実際その心境になるには「いつも以上に時間がかかった」のだという。「最初は“大丈夫かな”って思っていました。でも最終的な追い込みの時はもう大丈夫だと思えました」と、強い気持ちを作ることが出来た。

「今は力がみなぎっています」と那須川。2014年7月のプロデビュー戦から続いている無敗記録が「28」(総合格闘技、総合格闘技+キックのMIXルールも含む)でストップするのか、それとも最強の敵を打ち破って神童がさらなる進化を遂げるのか。運命のゴングは明日、鳴らされる。

最終更新:2/12(月) 22:53
イーファイト