ここから本文です

<ももクロ>4人体制で16曲披露 百田は「新たなスタートが切れた感じ」

2/11(日) 19:27配信

まんたんウェブ

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ(ももクロ)」が11日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で行われたニッポン放送のイベント「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo バレンタイン DE NIGHT だぁ~Z!2018」に登場した。同イベントは、4人体制となってから迎える初のライブイベント。同グループにとって今年は結成10周年を迎える年で、リーダーの百田夏菜子さんはイベントの最後のMCで「バレンタインイベントでまた、新たなスタートが切れた感じがしますよね」とメンバーに語りかける場面もみせた。

【写真特集】ももクロが4人体制で初ライブイベント ライブの内容を紹介

 佐々木彩夏さんが最後のMCで「変わっていくものもありますけど、今日なんて『ザ・バレイベ(バレンタインイベント)』みたいな感じしたじゃん。そういう、いつものももクロ、みたいなのも大事にしていきたいですね」と感想をコメントすると、玉井詩織さんも相づち。高城れにさんは「10周年を迎える私たちにぴったりのなぞかけを発表したいと思います。……バレンタインの手作りチョコレートとかけまして、私たちの絆ととく。……作って固めることが大事でしょ!」と笑顔をみせ、会場を沸かせていた。

 この日行われたのは、同局で放送されている同グループの番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(毎週日曜午後10時放送)の6年目となる恒例イベントで、10、11日の2日間で開催。4人はスペシャルゲストにDJの小林克也さんを迎えてトークを繰り広げたほか、ライブでは「行くぜっ!怪盗少女」「サラバ、愛しき悲しみたちよ」やそれぞれのソロ曲、さらに「米米CLUB」のカバー曲など全16曲を熱唱した。

 イベントでは、番組のリスナーが選んだ「イベントで聞きたい曲ベスト5」も発表され、「キミトセカイ」「ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?」「オレンジノート」や1位の「全力少女」などを披露し、会場に集まった約1万2000人のファンを盛り上げた。

最終更新:2/11(日) 20:14
まんたんウェブ