ここから本文です

フィギュア団体、5位で最終日へ=スピード男子5000で一戸9位―平昌五輪〔五輪〕

2/11(日) 5:17配信

時事通信

 【平昌時事】平昌五輪第3日は11日、フィギュアスケートの団体第2日が行われ、日本はペアのフリーまで終えて5位とした。日本は女子ショートプログラムで宮原知子(関大)が4位になるなど合計得点4位でフリーに進み、ペアで5位に後退した。12日の男女とアイスダンスのフリーで最終順位が決まる。
 スピードスケート男子5000メートルでは、一戸誠太郎(信州大)が9位と健闘した。土屋良輔(メモリード)は16位。スキー距離の男子30キロ複合では吉田圭伸(自衛隊)が25位だった。バイアスロン男子10キロスプリントでは立崎幹人(自衛隊)が84位。
 スノーボード女子スロープスタイル予選は、強風のため中止。鬼塚雅(星野リゾート)、岩渕麗楽(キララクエストク)ら日本勢4人が12日の決勝に臨む。フリースタイルスキーのモーグル女子では村田愛里咲(行学学園教)が決勝1回目で敗退した。
 アルペンスキーの男子滑降は強風のため15日に延期された。 

最終更新:2/11(日) 21:58
時事通信