ここから本文です

のぞみ亀裂に厳しい声 JR西、脱線事故遺族に説明会

2/11(日) 21:44配信

神戸新聞NEXT

 JR西日本は11日、尼崎脱線事故の遺族や負傷者らに対する説明会を兵庫県伊丹市内のホテルで開いた。2018年度からの5カ年で進める「鉄道安全考動計画」のほか、昨年12月新幹線のぞみ台車に亀裂が見つかった重大インシデントについて報告。会場から「異常に気付きながらなぜ運行を止めなかったのか」など厳しい声が相次いだ。

【写真】のぞみ台車亀裂「信頼崩れた」 JR西説明会で事故被害者

 説明会には計192人が出席した。JR西は、重大インシデントについて「(乗務員らが)運行を止める判断を相互に依存していた」などとする調査結果を公表。新たな考動計画には「安全が確認できない場合は迷わず列車を止める」などと定めた。

 脱線事故で次男を亡くした上田弘志さん(63)=神戸市北区=は「一定の評価はできるが、100パーセント達成してもらわないと意味がない。社員一人一人の安全に対する意識をどうやって向上させるのかが大きな課題」と指摘した。

 長男を亡くした伊丹市の中西義勝さん(77)は「この12年間、安全計画や対策の説明を受けてきたが、今回の新幹線の問題で、その説明は一体何だったのかと感じている。今は何を聞いても信用できない」とうつむいた。

 説明会終了後、会見したJR西の来島達夫社長は「脱線事故の反省をいかにして安全につなげるかという重大な原点を改めて自覚した。正面から向き合いたい」と述べた。説明会は12日も開かれる。

(小西隆久、小谷千穂)

最終更新:2/11(日) 21:57
神戸新聞NEXT