ここから本文です

<北アイルランド>アダムズ党首退任 シン・フェイン党

2/11(日) 18:19配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】英領北アイルランドのアイルランドへの帰属を求めるシン・フェイン党は10日、アイルランドで臨時党大会を開き、女性のメアリー・ルー・マクドナルド副党首(48)を新党首に選んだ。1983年から30年以上にわたり党首を務めたジェリー・アダムズ氏(69)は退任した。

 シン・フェイン党は60年代から約30年続いた北アイルランド紛争で武装闘争を展開したカトリック系武装組織「アイルランド共和軍」(IRA)の政治組織。IRAの元指導者で北アイルランド自治政府副首相を務めていた同党のマーティン・マクギネス氏が昨年3月に死去しており、アダムズ氏退任に伴う今回の世代交代により、武装闘争に直接関わらなかった世代が主導することになる。

 マクドナルド氏は就任演説で「戦争は終わった。若い世代が政治を主導する」と語った。また、「英国の欧州連合(EU)からの離脱で、(北アイルランドは)保守党の政治ゲームの巻き添えになるべきではない」と表明。EU加盟国のアイルランドへの帰属を求める運動を今後も継続するとした。

 北アイルランド紛争ではアイルランドへの帰属を求めるカトリック系と英国の統治継続を求めるプロテスタント系住民が衝突し、3000人以上の犠牲が出た。98年に和平に合意している。

最終更新:2/12(月) 1:54
毎日新聞