ここから本文です

栃ノ心が大相撲トーナメント初V 1月場所からの“連覇”に「気持ちいい」

2/11(日) 18:25配信

東スポWeb

「日本大相撲トーナメント」の第42回大会が11日、東京・両国国技館で開催され、幕内栃ノ心(30=春日野)が決勝戦で関脇玉鷲(33=片男波)を寄り切って初制覇。優勝賞金250万円などを獲得した。

 1月場所の初優勝に続いて“連覇”を果たした栃ノ心は「気持ちいいですね。経験のないことを経験したから」と笑顔。日本相撲協会理事で師匠の春日野親方(55=元関脇栃乃和歌)から優勝トロフィーを手渡され「うれしかった。師匠からもらうのは、また違いますね」と喜んだ。

最終更新:2/11(日) 18:25
東スポWeb