ここから本文です

南北首脳会談実現に努力を=韓国首相、北朝鮮代表団と会談

2/11(日) 17:58配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国の李洛淵首相は11日、北朝鮮の金永南最高人民会議常任委員長、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正党中央委員会第1副部長ら高官代表団とソウル市内で昼食を取りながら会談した。

 李首相は席上、正恩氏が文在寅大統領の訪朝を要請したことについて「条件が整い、南北首脳が会うことを期待する。良い条件が早く整うよう、南北が積極的に努力しなければならない」と訴えた。首相室が発言内容を公表した。

 首相はまた、「平昌五輪は小さな始まりだ。開かれた対話の機会を五輪以降も生かしていこう」と提案した。米韓は2~3月の平昌五輪、パラリンピック期間中、合同軍事演習を行わないことにしているが、4月以降に再開すれば、北朝鮮が強く反発、緊張状態に逆戻りする恐れが指摘されている。李首相はこうした懸念を念頭に、対話を維持、発展させていく必要性を強調したとみられる。 

最終更新:2/11(日) 18:05
時事通信