ここから本文です

ジェラード、新世代の金=17歳、最後に高得点〔五輪・スノーボード〕

2/11(日) 18:52配信

時事通信

 4年前のソチ大会から実施種目となった男子スロープスタイルで、新世代の17歳が頂点に立った。ジェラードは「興奮と寒さのせいで、震えが止まらないよ」。厚い手袋で顔を覆い、「信じられない」と何度も繰り返した。
 強風が吹く決勝1回目、2回目は転倒。最後の3回目へ「落ち着いて、とにかく完走しよう」。複雑な形状のジャンプ台に側面から入るなど、ユニークな滑りを軽やかに決めた。賞金大会で活躍するスター選手のパロット、マクモリス(ともにカナダ)を抑えて優勝。歓声の中で板を放り投げ、雪の上にしゃがみ込んだ。
 冬季大会では、2000年以降に生まれた選手で初の金メダリスト。7人きょうだいの6番目で、兄たちと2歳からスノーボードに親しんだ。7歳のとき、コロラド州に引っ越すと、自宅の庭に障害物のコースをつくって技術を磨いたという。
 米国の新星は、母国に今大会最初の金メダルももたらした。「メダルをどうするかは母に任せるつもり。たぶん家のリビングに飾ると思う」。あどけなさの残る顔をほころばせて、にっこりと笑った。(時事)

最終更新:2/11(日) 18:55
時事通信