ここから本文です

高木美帆 1500Mは最終滑走の14組目 世界記録保持者ベルグスマと同走 小平は2組目

2/11(日) 21:13配信

スポニチアネックス

 12日行われる女子1500メートルの組み合わせが決まり、メダルが期待される高木美帆(23=日体大助手)は最終滑走の14組目に入った。今季W杯4戦全勝し、金メダル候補に挙がる高木の同走は米国の世界記録保持者、ヘザー・ベルグスマ。今季W杯第2戦で高木に次ぐ2位となった。

 最大のライバルとなる前回銀メダリスト、イレイン・ブスト(オランダ)は11組目。その他の日本勢は今五輪初レースを迎える日本選手団主将の小平奈緒(31=相沢病院)は2組目。菊池彩花(30=富士急)は最終前の第13組となった。