ここから本文です

【川崎】DF谷口、J制覇した昨季再現だ!公式戦連敗今季もゼロへ上海上港止める

2/11(日) 18:45配信

スポーツ報知

 昨季J1王者の川崎は11日、川崎市内で調整。13日のACL初戦、上海上港戦へ向けて再始動した。この日は10日の富士ゼロックス・スーパー杯、C大阪戦(埼玉)からの修正点などをメーンとしたミーティングからスタート。その後、C大阪戦に長時間出場した主力はジョギング中心の軽めの調整を行った。

 2―3の敗戦から一夜明け、DF谷口は上海上港戦へ「勝ち点3をとりたいですね。強敵ですけど、ひるむことなくしっかり戦えば勝てる自信もある」と意気込んだ。実はJ1初制覇した昨季は公式戦の連敗が一度もなかった。最後にチームが公式戦で連敗したのは2016年4月20日のナビスコ杯、柏戦(1●2)と同24日のJ1リーグ、浦和戦(0●1)が最後。そこから1年10か月、続けて負けたことがない。つまり、鬼木達監督が指揮を執ってから一度も公式戦の連敗はないということだ。今季のホーム初戦ということもあり、もちろんすっきり白星をつかむつもりでいる。連敗なしは今季も継続する。

 上海上港は4―3―3の布陣で臨むことが濃厚。10日にACLの1次リーグ登録メンバーを発表。外国人はFWエウケソン、フッキ、MFオスカルと、アジア枠のウズベキスタン代表MFアフメドフが入り、アルゼンチン人MFコンカは外れた。「オスカル、フッキとかはうまさ、強さ、速さ、崩す能力、アイデアをたくさん持っている。そこを自由にさせすぎなければ」と谷口は勝負のカギを話す。

 強敵でもあるが、楽しみな部分もある。「個の能力はアジアの中でトップレベルにある。そういうチームとやりたいし、そういうチームに勝つことで、チームとしても自信がつく」と背番号5。J王者の立場で初めて迎えるACL。まずは今季初白星をつかんで、上昇気流に乗っていく。

最終更新:2/14(水) 17:44
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合