ここから本文です

長澤まさみ、『映画ドラえもん』初参戦 海賊・大泉洋の妻で母親役

2/13(火) 5:00配信

オリコン

 声優としても数々のヒット作に出演する女優の長澤まさみが、『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)に初参戦することが明らかになった。祖母に買ってもらったひみつ道具の図鑑を「自分がドラえもんになったかのような気持ちで持ち歩いていました」という長澤。「ずっと慣れ親しんできたドラえもんの世界に、まさか自分が参加できるとは思ってもいなかったので、本当に光栄です」と喜びもひとしおだ。

【動画】『映画ドラえもん のび太の宝島』最新予告編

 映画シリーズ38作目となる今作は、夢とロマンあふれる大海原を舞台に、太平洋上に突如現れた謎の島に隠された宝を巡って大冒険を繰り広げる物語。俳優・大泉洋が、のび太たちを襲う海賊船の船長キャプテン・シルバー役でゲスト出演。“ドラえもん知識王”の称号を持つお笑い芸人・高橋茂雄(サバンナ)が、海賊の一味トマト役で映画ドラえもん史上初となる2年連続ゲスト声優出演を果たす。さらに、星野源が主題歌&挿入歌を手掛けるなど、すでに話題は豊富。

 そんな中、長澤が演じるのは、大泉が演じる船長キャプテン・シルバーの妻・フィオナ役。2人の子どもを持つ母親でもあり、「フィオナを通して、『親が子を育て、子が親を育てる』という事が他人事では無いと感じられるような作品になっています」と、長澤。病弱ながらも、優しくたくましい女性フィオナは、物語の鍵を握る存在でもある。「子どもが楽しめるのはもちろん、大人が観てもはっと気づかされるような物語で、楽しくも考えさせられる、今までにない新しい映画ドラえもんになっているように思います。世代を問わず楽しんでもらえたらうれしいです!」を呼びかけた。

 恒例の質問である、好きなひみつ道具は「植物改造エキス(『のび太の大魔鏡』より)。ドラえもんの魅力は、とにかくいつでも1番の味方でいてくれるところ。のび太くんは、放っておけないところが好きです(笑)」。

 長澤はこれまでに声優として、スタジオジブリ『コクリコ坂から』(2011年)、『妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(15年)、『君の名は。』(16年)、イルミネーション・スタジオ『SING/シング』(17年)などに出演し、記憶にも記録にも残る大ヒットの一端を担ってきた。

最終更新:2/13(火) 5:55
オリコン